契約書作成・リーガルチェック|風評被害や残業代請求の相談は弁護士に

iLo 伊倉総合法律事務所 IKURA LAW OFFICE

WORKS契約書作成・リーガルチェック

貴社の契約書に不備はありませんか?

契約書の目的をしっかりと果たしていますか?

1.契約交渉のたたき台にすること
自社にとって理想的な契約を締結するためのたたき台となる契約書案をあらかじめ作成し、それを交渉の道具として契約を進めることができます。
2.契約内容を明確にする事
世に出回っている契約書の雛型等を基に契約をされている場合等、曖昧な表現や細かい条項の説明が不足している契約書を再度検討し、契約内容を明確にします。
3.リスクを最小限に抑える事
契約書の不備によるトラブルで大きな損失を最小限にするうえでも、事前にリスクの所在を分析し、リスクに見合わない契約を回避することが重要になります。
4.当事者の役割分担をする事
契約書を作成・チェックをすることで、不足している条項を洗い出し、また曖昧で不明瞭な表現による権利義務関係をなくすことで、当事者同士の役割を明確にします。
5.トラブルを未然に防ぐ事
契約書作成を検討する過程において、契約内容から生じる権利義務関係を明確にし、誤解等による紛争防止、また事前に起こりうるリスクを分析することが可能になります。
6.万一のトラブルの証拠にする事
万が一トラブルになった場合、最大限のリスク回避を施した契約書を交わしていないと、貴社にとって大きな損失になりかねません。契約書はトラブル時に大事な証拠として必要になります。

契約書は、様々なトラブルを「未然」に防ぐ事が目的です!

契約書作成におけるトラブル回避例
B to Bの新しいネット広告ビジネスを始めようと思っていましたが、全く新しいビジネスだったため、他の契約書やネットで公開されている契約書の雛形が使えず、困っていました。
他の弁護士にも相談しましたが、ビジネス自体を理解してもらえず、依頼できませんでした。
そこで,伊倉総合法律事務所に相談したのですが、最新のビジネスに対する知識も豊富で、信頼でき、実際出来上がった契約書も、自分たちの新しいビジネスが契約書に適切に反映され、きちんとリスクヘッジもできていたので、本当に助かりました。
今後も新しいビジネスを展開することが多いため、顧問契約を結ばせてもらい、弊社のビジネスを長期間見てもらいたいと思います。
なぜ弁護士に契約書作成・リーガルチェックを依頼するのですか?
契約書類の作成なら、行政書士に頼んでも同じなのではないですか?
紛争解決を業務とする弁護士でないと、適切なリスク管理ができません。
法律のプロである弁護士による契約書作成・リーガルチェックは、
自社の契約書に関わるトラブルを未然に防ぎます。
インターネットなどからの引用は、法的に誤解を招くような曖昧な表現を
使用している場合があり、取り扱うものや法令自体が変わっていれば、
再度修正や追加を行なわないと、後々トラブルになる可能性があります。
自社に莫大な損失を未然に防ぐためにも、法律のプロである弁護士に
よる契約書作成・リーガルチェックをお勧めいたします。

ご相談・ご依頼から契約締結まで完全サポート

弊事務所では、ご相談・ご依頼から契約締結まで完全サポート、契約骨子の案がない、今までにない新規サービスを展開したい企業様でも、貴社のサービスについて詳しくお伺いし、貴社・サービスに対して最適な契約書をご提案いたします。

契約締結まで完全サポート!

契約書を作成したら「終わり」ではありません。
作成またはリーガルチェックをした契約書に対する
お客様からの修正や、契約相手先からの再提案に対し、
再度リーガルチェック、対応方法のご提案を行い、
契約締結完了までお任せ下さい。

契約骨子などの案がなくてもOKです!

様々な契約形態に対し、最適な契約書を作成いたします。
契約骨子案などがなくても、貴社のビジネスや商品、
サービスの特徴をお伺いし、取引基本契約、販売代理店契約、
業務委託契約、システム開発契約、ライセンス契約、
秘密保持契約、さらには各種のごインターネット利用規約
(約款)などまで、あらゆる類型の契約について、
最適な条項を織り込んで作成いたします。

今までにない新規サービスにも対応いたします!!

新規サービスのため契約書に織り込む条項がよくわからない方はご相談ください。 貴社がこれから展開したいサービスが、今までにない新しいサービスであった場合、契約書にどのような条項を織り込めばよいか判断に困ることがあるかと思います。 弊事務所では、そのような新規サービスのための契約書でも、サービスの詳細から適切な条項を織り込み、貴社が安心してサービスを展開されるための契約書を作成いたします。

継続的なチェックをいたします。

顧問弁護士契約をすることで継続的なチェックをおこないます。
弊事務所と顧問弁護士契約を交わしていただくことで、継続的にリーガルチェックをおこなうことができるほか、貴社に関するご相談をどんな小さな事からでもお伺いいたします。 弊事務所の顧問弁護士契約について詳しくはこちらをご覧ください。

専門の弁護士によるリーガルチェック

契約書作成に精通した弁護士がリーガルチェックをいたします。
取引先から提案された契約書、自社にて作成した契約書に対し、法的なリスクや、 貴社が不利になる可能性のある条項等、契約書に精通した弁護士が様々な観点から詳細にチェックいたします。

継続的なサービスをご希望の企業様には顧問弁護士契約を交わすことで、
より迅速かつリーズナブルな費用でサービスをご提供いたします。

顧問弁護士契約について

弊事務所では、ご相談・ご依頼から契約締結まで完全サポート、契約骨子の案がない、今までにない新規サービスを展開したい企業様でも、貴社のサービスについて詳しくお伺いし、貴社・サービスに対して最適な契約書をご提案いたします。
⇒ 詳しくはこちらをご覧ください。

  • ikura@ikura-law.jp
  • 0364324940
  • 0364324950

残業代請求でお悩みなら弁護士にご相談ください。

誹謗中傷や風評被害対策交通事故は無料相談から、まずはお問い合わせください。